飛び級

今日のシオン

小学生の授業がどんどん終わっていっている。

数年前、内容を精選し、

「これはイラネ」

「これもイラネ」

としていった結果、ずいぶんとカリキュラムが減ったのである。

といっても、決して手を抜いたわけではない。

塾でやらずに、学校でやったほうがいい単元もあったりするので、そういったものを削っていったのだ。

とにかく大事な単元は丁寧に、何度も繰り返してきたのだが、ここに来て学年の授業が終わってしまう子がでてきたのである。

早く終わった子は学習トレーニングシステムを使って復習をしっかりさせてきたのだが、ただ、復習というのは正直あまり面白くない。

子どもにしてみれば、結局

「プリントしかさせてもらえない」

ということになってしまうので、活気がなくなっていく。

どうしようかと考えた結果、出した結論が、

「よし、上の学年のものをやるべ」

ということになった。

別に学習塾だから、その学年のカリキュラムをやる必要はない。

現にあの◯文だって、小学生が高校生の問題をやっているではないか。

ということで、ある程度の復習が終わった子から次の学年へ。

俄然張り切る小学生。

やはり、人より上の勉強をするのは楽しいようだ。

3月は一つ上の算数検定に挑戦してもらおっと。

 

コメント